婚活が長引くパターン

LOVE

性格傾向が長期化を呼ぶ

婚活地獄という言葉に明確な定義はありません。しかし、婚活を通して付き合いの機会を得ても、数ヶ月で別れるということを繰り返している人も少なくありません。結果的に結婚という目的に達せぬまま、費用や時間だけが掛かり続ける状態と言えるでしょう。婚活は約半年〜1年経過程度で何らかの結果が出る事が多いとされます。この期間を超えても中断することなく、婚活を継続しているケースこそが婚活地獄の状態にあるものと捉えられます。婚活地獄に陥るパターンは幾つかあり、個々人の性格が多分に影響しているとされます。陥り易い特徴に目を向けるとまず、婚活に限らず反省点や改善点を見出そうとしない性格の持ち主が挙げられます。このタイプは悪い意味で同じ事を繰り返し易いという傾向の持ち主で、失敗続きで時間を浪費するというパターンが多くなります。次に、付き合いには至るものの結婚に至らないというパターンでは、理想的な相手を見誤っているケースが挙げられます。いわゆる極端な高望みを持つケースでは、接触した当初の相手に高い理想を抱きつつ付き合いを始めるものの、次第に現実とのギャップに苛まれて別れるというケースが多くなります。反面、理想が低過ぎるケースではそれでも相手が満たしていない欠点のみが目に付き過ぎてしまって、次第にフェードアウトしてしまったりというパターンが多くなります。性格的なものは根本的な改善がなかなか難しいのですが、こうした傾向があり得る事を事前に知って置くだけでも婚活地獄を避ける対策となります。最終的には、そうした弱点をもしっかり受け入れてくれる異性に出会う事が、成功への秘訣ともなります。